玉丸城太鼓保存会

国束の山並みに守られ、外城田川の清流は、伊勢の大野に注ぐ、その中心玉丸城は

680年の歴史とともに、玉城町の象徴であります。古代神都の中心であった時代から

外城田川と倭姫命、玉丸城築城、徳川時代、さらに、明治維新、玉城町は歴史の町で

あります。そんな玉城町に於いて平成3年4月新たなる息吹と大いなる感動を受ける

べく誕生した会であります。

新しい玉城町の町おこし事業の一環として、郷土芸能ふるさと太鼓保存会を結成し、

地域の活性化促進と青少年の健全育成をめざしております。

指導者プロフィール

吉村城太郎 (長崎市生まれ)

1969年
 和太鼓に出会う。
1987年
  第15回冬季オリンピック・カルガリー大会フィギュアースケート日本代表、

伊藤みどり選手のショートプログラムの振り付け、演出担当。

1988年
 鬼太鼓座のエキストラとして1年間、熱海で公演。
1989年

この年から邦楽演出家としてデビューし「世界デザイン博」に於いて

「宇宙とこどもたち」を演出。

オーストラリア200年祭の名古屋使節団として、シドニーのシティー

ホールで和太鼓と琴の共演を行う。

和太鼓集団、太鼓衆「志多ら」を結成。

1994年
  第7回奥三河芸能祭で、サックス奏者 坂田 明氏と地元演奏家と自作の

「花祭り幻想曲」を演奏、指揮する。

1999年
 本格派プロ集団TAOの指導。
2001年
  「NPO法人 世界のこどもネット」の副代表理事に任命され、グローバル

ミュージックネットワークの和太鼓演奏家としても活躍中。

2002年
  「世界のこどもにワクチンを日本委員会」と「ユニセフ」と同行し、ミャン

マーでポリオワクチン接種と演奏を行う。

2003年
  メキシコXalapa(ハラパ)に於いて、木をテーマにした世界音楽祭に

日本代表で琴、和太鼓、アルパでの演奏を行い喝采を浴びる。

9月アフリカ大陸各国元首大統領婦人懇親会にて高円宮妃殿下を

お迎えし、琴・尺八・和太鼓の 演奏を行う。(東京Q・E・Dクラブにて)

2005年
  東京国際和太鼓コンテストと同時開催の和太鼓カレッジ「指導者の

為の体験合宿セミナー」で講師を務める。

2006年
  連続でセミナーで講師を行う。テーマは「太鼓の作曲法・指導法・応用法」
2008年

ドバイの女学園大学日本で初めての邦楽演奏を行う。

チュニジアに於いて日本大使館の大使主催の歓迎晩餐会で

チュニジアの大臣や婦人団体の交流会で演奏する。

※ 現在、フリーでプロチーム、各地のアマチュアチームの指導、

   作曲で地域の活性化を願い精力的に活躍中。

尚之介の
ひとりごと

BLOG
太鼓集募集